スポンサード リンク

TOP> ワーキングホリデー 5月

万国共通?親を泣かしちゃあダメですね・・・inオーストラリアでワーキングホリデー

ワーキングホリデー 63日目
 さてさて前回のブログからの続きです。アンソニのマザーが語学学校へやってきてメイに呼ばれてってとこからですね。

 テクテク歩いて校長室なわけですが・・・(なんか全然怒られるとかじゃないのに精神的にツライのは学生時代のトラウマでしょうか?先生に呼ばれるって後ろめたい事なくてもドキドキしませんか?)

 でメイとmomの待つ部屋に入り、まずはメイに昨日の詳細を説明。(アンソニのmomは英語が殆ど喋れないので・・・)その後、メイからの話では、案の定アンソニがハイスクールへ登校してない事や、ハイスクールで停学or退学なんかの究極の選択みたいのに迫られてる事、彼のハイスクールでのnoughty boy振りなんかを聞かされたのですが、途中でお母さんは泣き出しちゃうし・・・(韓国人は感情の起伏が日本人の比じゃないので大変でした。これもキムチが引き起こすパワーなのでしょうか)「あ〜どうすんだ・・・この状況は息が詰まる〜助けてくりゃ〜!!」みたいな心境でした。やっぱり親は泣かしちゃあいけません!!

 一応、次回会ったら家に帰らせる事なんかを約束して、その場は収まった(?)のですが大変な事です・・・。で、放課後にアッサリとアンソニは語学学校へ登場してくる訳ですが、年長者としてビシっっと叱りたい所ですが彼の心の複雑な部分も以前に相談されてますし・・・気持ちも理解できるので怒るのはSTOPで何事も無かったかのようにトークして徐々にお母さんの話をして家に電話をさせました。気づかないうちに説教も入った事でしょうが・・・。

 まあ、すんなりといった展開ではありませんでしたが電話をしてくれて「ホッ♪」っと一安心です。で、次に、今日は家に帰ろうねみたいな話になるのですが・・・。続きは次回のブログにて!!

 なんか、パッカー夫婦が人間的に成長できてるのが思い出せててムズガユイのですが単なる勘違いor思い違いですかね???こういったのもワーキングホリデーの醍醐味といったら言いすぎでしょうか?少なくともパッカー夫婦にとっては人間的な面では十分過ぎる位GOODメモリーだったりしますけどね。

 それでは次回をおたのしみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

オーストラリアにワーキングホリデーしにきて天使と悪魔の対決 再び!! 2002年5月28日

ワーキングホリデー 63日目 
 それでは昨日も、いろいろありましたがウィークデイは語学学校があるので、しっかり起きてGO、GO、GO!!と行きたいところですが今日はアンソニも一緒に家をでます。なので少々空気が重めです。バッド(下向き矢印)(さすがにパッカー夫婦のシェアハウスにおいていけませんので・・・ナナちゃんにも悪いですしね)

 ただ、悪い事もあればイイ事もあるようでフィルムカメラの問題はアンソニが貸してくれるという事で速攻解決!!わーい(嬉しい顔)ちょっぴりラッキーな展開ッス!!一応、ワリンガ・モールのバス停で彼とはGood−Byeして語学学校へ。

 (ちゃんとハイスクールor家まで送りたいですが日本と勝手が違うし旨く説明できるか???だしパッカー夫婦も限られた時間でのワーホリ生活なんで天使より悪魔の囁きが勝ってしまいました・・・だって学校に行かないと・・・悲しいですね)

 授業は普段と合いも変わらずですが、頭の中はオーブンの事とか、アンソニの事で少々錯乱中で上の空だったりしたのですが昼食後に事態は急変しました・・・というか「あ〜、やっぱりか・・・」みたいな事に。まあ。想像に容易いとは思いますがナント・・・韓国人少年アンソニのマザーが登場・・いやいや・・やって来たのです!!もうね、メイから呼ばれた時に嫌〜な予感はしてたんですけどアッサリ的中大本命って感じでした。ふらふら

 まあ、結果としてアンソニはハイスクールへ行ってなかった訳なのですが、こうなる事はパッカー夫婦の思春期な時と照らし合わせて70%位は分かりきった事だったんで・・・(誰でも分かりますよね・・・)天使と悪魔の対決で天使が勝ってればな〜なんて思いながら校長室へテクテクと・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

 そんなところで次回のブログへと続きます。NEXTブログをお楽しみに!!

 (でも、この日の日記にはパッカー夫婦二人とも後悔の念が満載なんで精神的に相当こたえたようです。失恋オーストラリアワーキングホリデーしにきて、海外生活や英語ってのも学びましたがワーホリ生活の初期段階ではティーンの複雑な気持ちも同時に学んだ気がします。大人になると忘れがちですもんね・・・今考えれば、ある意味イイ勉強させてもらったかな???今後に生きてきそうですしね♪)

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

夜中に問題を持ってパッカー夫婦への突然の来訪者は誰???それは・・・

ワーキングホリデー 62日目 
 それでは前回のブログの続きです。まあ、夜中に突然の来訪者が訪れたってとこからですが・・・。

 やってきたのは韓国人の少年アンソニでした。ふらふらどうやら、今で言うところのプチ家出のノリみたいなんです。なんにしても、ほったらかしにはできないのでパッカー夫婦の部屋に入れて話を聞く事に・・・。ついでに夕食の準備中だったんで一緒に夕飯を食べながらのトークっす!!

 f067.gif「どうしたの?」なんて聞くと、うつむいて黙ってるんですがラチがあかないので少々キツク問い詰めると色々と話を始めました・・・。

 また、ハイスクールでケンカ(ファイト)しちゃった事、停学になった事、お母さんとケンカしちゃった事etc・・・。まあ、想像に容易いものばかりでしたが、結論として今日は泊めてみたいな事でした。一応、お母さんに電話するけどイイなら一晩泊まってもイイ旨を伝えると頷くのでOKして、早速アンソニの家に電話する事に。

 ただ、本人にさせるのも酷なんでパッカー夫婦が代わりにTELしてあげました。(う〜ん黒ハート積極的だなや)案の定お母さんがでたのですが用件を伝えるのに一苦労・・・。お母さんは2年位はオーストラリアに住んでんのに殆ど英語が喋れないんですよ・・・。(ワーキングホリデー始めて62日目のパッカー夫婦は人の事言える立場で無いですけど・・・f010.gif

 最後は、弟のフランシスのチェンジしてもらい今日のところはお願いしますと、お母さんに言われ万事解決。その後、アンソニの話を再度ゆっくり聞こうと思うも、どうやら風邪を引いてるらしく熱っぽかったのでパッカー夫婦の風邪薬をあげて本日は寝る事に・・・。

 しかし、パッカー夫婦は自分達のプロブレムが解決しないうちに更に問題上乗せになったりするので今後は心してプロブレムに立ち向かっていかないといけないななんて当時の日記にかいてありますが、ホントにトラブルメーカーぶりを発揮したくないものです。(今は、日記を見ながら回想してるんで心中穏やかですが当時オーストラリアワーホリ中は相当切羽詰っていたハズです。)

 それでは今回のブログはこの辺でENDっす!!どうぞ次回をお楽しみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。