スポンサード リンク

TOP> ワーキングホリデー資金・予算・準備・ビザ申請・ワーホリ情報etc

ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)

 どうやら熱も下がってきたようなのでブログ再開です。
 
 今日は、ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!

 はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・後悔先に立たずとは正にですね)で、その当時の英語レベルは下の下で・・お恥ずかしい限りです・・・。まあ、そういう失敗をベースにワーキングホリデー行く前に英語の勉強をしといた方がイイですよっていうアプローチは無かったんで参考にしてほしいです。

 まあ、英語の勉強といいましても誰も難しいレベルのものをやったほうがイイという訳では無いです。変な話、中学校レベルの文法や単語のボキャブラリーでいいと思います。(ちなみに英語レベルがハイパーなかたは今回の記事を読み飛ばしちゃってください!!)
 
 で、文法と単語どっちが重要かといえば極論両方なのでしょうが・・・英語から何年も離れてるとか不得意とかっていうなら断然英単語のが取り組みやすいですし、役にも立ちますし重要度は上になるんじゃないかと思います。ワーキングホリデーする国に旅立つ前に一つでも多く覚えましょう!!

 まあ、結局のところ英語or現地語の勉強に手をつけた方がイイですって事なんですけど、絶対に肝に命じなければならないことは現地に行けばなんとかなる、英語圏の国で生活すれば英語は喋れる、日本で少し位勉強しても意味無いんじゃない?見たいな事は考えてはダメだって事です。

 確かに現地に行けば何とかなります・・・でも、前段階の準備がなければ、それなりのワーホリ生活になる可能性が高いですし(結局、日本人同士でつるんだり英語の勉強なんて2の次見たくなる可能性大)、現地で生活すればってのも100パーセント有り得ません!!何にしても多くの努力が必要です。(海外で生活するだけなら一言も喋らなくても、他人様と交流無くても生活できます。スーパーで買い物してもピッ♪ピッ♪でOKですし・・・あっ、ちなみにレジの音ですよ)

 間違い無く言えることは、ワーキングホリデーに行く前に日本で英語の勉強を少しでもしておけば現地にいって何倍にも何十倍にもなって我が身に返ってくるという事です。一年間のワーホリ生活の充実度が全く違ってくるはず・・・と言ってはみても実際に経験してみないと理解不能というか現実味を帯びないというか・・・。

グラマーブック、レッド こっちの赤い方は超簡単ですけど基本がマスターできます。日本でも買えますよ!

グラマーブック、ブルー こっちの青い方は、ちとムズイかも・・・同じく日本でも買えます。他に、緑もあったかな?

 パッカー夫婦は、その点かなり後悔した口なんで・・・この気持ちを分かってもらえると嬉しいんですけど。(幸いなことにパッカー夫婦は夫婦でワーキングホリデーしてて周りに流されにくい環境があったんで英語の勉強をオーストラリアでラウンド始めるまでは日々グラマーブックと格闘し、第二のシェアハウスではネイティブと話す機会が毎日あったんで大分挽回できたとは思いますが・・・)

 とにかく、ワーキングホリデーへの準備として保険・お金・ビザなんかと同レベルに英語の勉強も大事だよってのが伝われば幸いです。それでは、次回をお楽しみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

ワーキングホリデーのビザ申請をオーストラリア大使館へするべし!! ETAS VISA

今回のワーキングホリデーについては、ビザの申請の仕方について書きますだっしゃ!!まあ、ワーキングホリデーワーホリ)のビザ申請は特別難しくはないですし留学やワーキングホリデーの代理店やエージェントで手数料を払って代行してもらわないで極力自分でやるようにする事をオススメします。(パッカー夫婦は何でも自力が大好きなんです・・・貧乏性なんで手数料が勿体無いってのが大きいだけですけどね・・・f007.gif

 ビザの申請自体は普通3〜4日間もあれば申請完了です。(まあ、数日ですので多少の誤差はノンノン)しかし、途中でトラブル・問題があれば申請が完了するまでの日数が延びる可能性もあるので、ワーホリのビザ申請は早めに済ませておきましょう!!以下にビザ申請の諸所を書いてみます・・・(あくまでもオーストラリアがベースなんで他の国カナダニュージーランドイギリス韓国etcなんかは各別にチェックをしてください。*無論オーストラリアワーキングホリデーを考えてる人も最終的には自己でチェックをしてくださいね!!)

 オーストラリアへのワーキングホリデービザ申請の条件としては

@ ビザ申請時に18歳以上30歳以下で、扶養する子どものいない事。(単純に子供がいてはダメって事です)

A 日本、その他ワーキングホリデープログラム協定締結国のパスポートを持っている事。

B 日本韓国台湾キプロスマルタ香港なんかの国のパスポート保持者は、ビザ申請を必ずパスポートが発給された国でする事。 (日本なんで当てはまります)

C オーストラリアワーキングホリデーする滞在の主な目的が休暇や観光であること。滞在中の資金をカバーするのに一時的な労働はOKですが、あくまでもメインじゃないこと。また同一の雇用主のもとで6ヵ月以上就労することはできません。

D 語学学校なんかに通うのは4ヵ月以内。

*このCDに関しては、パッカー夫婦がオーストラリアワーキングホリデーしてた時よりGOODな変更で羨ましい・・・。

E オーストラリアワーキングホリデー期間中の滞在費や帰国時の旅費として十分な資産を持っている事。 (実際に申請する際に今では証明する必要ないようですが「ワーキングホリデーするにはある程度のお金を準備するべし!!」を読んで、オーストラリアに行けば何とかなるから少しのお金でノープロブレム!!なんてのは止めてくださいね!!)

F 過去にワーキングホリデービザを取得して、それを使いオーストラリアへ入国したことがないこと。

G 健康で人物審査の基準を不適格で無い事。

 ワーキングホリデービザの有効期間について

ワーキングホリデービザは発給日から12ヵ月間有効。ビザ有効期限内に必ず入国して下さい。(入国しないとビザは消滅しちゃいます)滞在可能期間は初めてオーストラリアへ入国した日から12ヵ月で、その12ヵ月間は何度でも出入国できます。オーストラリアから他の国へ一時的に出国していた期間も滞在可能期間の12ヵ月に含まれるので注意が必要ですよ。(例えば、日本へ一旦帰ったとか、東南アジアへ旅行にいったとか)
また、ワーキングホリデービザを取得した後に、他の種類のビザを取得してしまうと、すでにもっていたビザが自動的に失効するので注意が必要です!!

ワーキングホリデービザの規定は予告なしに変更する事があるので、ビザ申請する際やオーストラリアから出国する際はそのたんびに、公的機関なんかにキチンと確認することをパッカー夫婦はオススメします。 (所詮ビザの規定なんてのは流動的なものですから・・・)

 オーストラリアでのワーキングホリデービザ申請方法 について

インターネットでの申請 (e-Visa)
オーストラリア大使館査証課のHPでオンラインでのワーキングホリデービザ申請を行う。 (パッカー夫婦がワーホリビザを申請した時はこんな便利なもの無かったハズ・・・時代は進化してますね♪)

 e-Visa申請時に必要なものは、

@ 当たり前ですが有効なパスポートパスポートの有効期限がオーストラリアでのワーキングホリデーの滞在予定の期間を満たしている事。

A クレジットカードがいります。ワーキングホリデービザ申請料金はクレジットカードでの支払いとなります。Visa、MasterCard、American Express、Diners Club Internationl、JCB、Bankcardが使用できるようです。自分の名義じゃなくても問題はないみたい。たとえば他人のクレジットカードでも、クレジットカードの名義人が使う事をを承諾していれば使用できるみたい。(ヒンマかいな・・・まあ通常は自分名義のクレジットカードだと思いますけど・・・)

B 無くては話になりませんがパソコンね!!(無かったらブログ見てないっつ〜の???)

 e-Visa申請の手順(あくまでもパッカー夫婦の独自マニュアルなんであしからず)

@ まずは、オーストラリア大使館ホームページにアクセス。
URL:http://www.dima.australia.or.jp/evisa.html
A eVisa eVisa Online Service(一番上のとこ)をクリックします。

B 次に Working Holiday Makers をクリックです。(上から5番目)

C そして、飛んだ先のページ中ほどにあるFirst Working Holiday をクリック。
D そしたら今度はRead informationを読んだ上で、Start your applicationをクリックする。

E Terms and Conditionsを読み、それに同意しクリックすると、英語のe-Visa申請画面が出ます。

F ホームページ上にある申請書に英語で入力を頑張ってして下さい!!(全て英語で質問に答えましょう)入力を終えると「Please check that the information you have provided is correct before you continue」というページが表示されるはずなので、今まで入力した内容が正しいかどうかキチンと確認しましょう。(要確認ですよ〜)

G そしたら次にクレジットカードでワーキングホリデービザの申請料金を支払います。

H 申請をオンライン上で提出(SUBMIT=送信)する。ワ−キングホリデービザ申請が正式(?)に受理されると照会番号(TRN番号)が表示されるので控えておきましょう。(忘れずに!!)

I 申請提出後、胸部レントゲン検査(Form160E)や内科検診(Form26E)もしくはそれら両方の検診を受診するよう指示される場合がありますが(Download health form(s) requiredと表示されるはず)指示された場合のみ健康診断用紙をダウンロードして印刷です。(通常は必要ないとおもいますが、勤務予定の職種を記入するとこがあるので、学校関係や病院関係と書いてしまうと、ワーキングホリデーでも健康診断をしなければいけないので念のため・・・ふらふら

お疲れ様でした・・・ワーキングホリデービザのe-Visa申請手続きはこれで完了です。f066.gif

もし検診が必要と指示された時には、ダウンロードした用紙を持参して、オーストラリア大使館の指定する病院で診察を受けてください。事前に予約が必要だったかな???診察の結果は指定病院からオーストラリア大使館へ直接送られるはずです。(あくまでも最終は自己責任でお願いしますexclamation×2

e-Visa申請から発給までについて

 ビザ発給の条件をすべて満たした場合には、メール又は郵送希望の時は郵送にてワ−キングホリデービザ発給許可通知書(Visa Grant Notification)が届くはずです。で、このビザがGETできればワーキングホリデービザが発給されたことになります。e-Visaの場合、オンライン上で許可を受けるので、パスポートにシールなどの証明書は一切貼られまっせんので、この通知書を持ってオーストラリアに旅立ちましょう!!
申請から発給までの期間としては、 e-Visa申請の場合は、通常で数日で審査が完了します。ただ、健康診断が必要と判断された場合には、診察をいつ受受けるかによって異なるでしょう。 (ですので余裕を申請を心掛けましょう)
オーストラリアへ入国が無事に終われば、最寄りの移民局でビザのシールが貼ってもらえます。(パッカー夫婦の当時は、パスポートが郵送されてきた際にビザのシールは貼ってありました。)

 どうですか?ちょっとはオーストラリアへのワーキングホリデービザへの申請する時の役に立ちますかね?(自分でもブログに書いてて少々混乱気味(?)ですが、概ね大丈夫かと思います。あとは、実際に掛かる費用なんかはネットでオーストラリア大使館のHPで調べてください。少しは自力で何かをするってのが後々のワーホリで力になるはずです!!

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!!わーい(嬉しい顔)

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!保険は・・・

 ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・???がく〜(落胆した顔)

ワーキングホリデー、保険、ワーホリ@保険これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!

ちなみに保険の期間は12ヶ月でしたし、ワーキングホリデー後に東南アジアバックパッカーな旅をしてる際に中国で盗難の被害にあったときもキチンと保険は帰国後にスムーズに下りました。もうやだ〜(悲しい顔)(これって実際にパッカー夫婦は保険を使ってるのでワーホリ後に東南アジアとか行く人多いから超有力ネタだと思うんですけど・・・パッカー夫婦もオーストラリアに滞在中に電話でワーホリ@保険東南アジアで使えるか確認しましたが半信半疑だったですもん!!だっしゃ〜〜〜〜!!)

まあ、ワーキングホリデーにしろ留学バックパッカーな旅にしても保険だけはしっかりと加入していきましょう!!わーい(嬉しい顔)(でも、3ヶ月未満の旅行や旅でしたら特別に保険に加入する必要はありませんよ。年会費を払ってるようなクレジットカードでしたら海外旅行保険が付帯してますから・・・まあ、保険の補償が足りない方は別ですけど念のため・・・)それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。