スポンサード リンク

TOP> ワーキングホリデー資金・予算・準備・ビザ申請・ワーホリ情報etc

バックパッカー夫婦のワーキングホリデーinオーストラリア         ワーキングホリデーの対象国が!!

パッカー夫婦がオーストラリアでのワーキングホリデーを終了してから6年以上の年月が経ってるので最近のワーキングホリデー制度をチェック!!してみました。

すると現在のワーキングホリデー対象国は10カ国もあるらしい・・・(2009/06時)

オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、韓国、台湾、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、デンマークと様々な国がノミネートしちゃってます。多分、パッカー夫婦がワーキングホリデーを検討してた時より対象国は増えてるはず。そんでワーク・ホリデー制度ってのもあってシンガポールも似たような制度があるみたい。   

更には、今後イタリアや香港も加わるかもっていうんだから今の若者は選択肢がドンドン増えて羨ましい限りです。

オーストラリアなんかはセカンドワーホリってので2年間に期間が延長されたり2回目のトライが許されるみたいで驚きです。(それなりの条件があるようですが・・・)

今、パッカー夫婦がワーホリに再トライできるとするならば・・・やっぱりオーストラリアかな?もしくは台湾かな?でも年齢的に無理なんで悲しい・・・これからワーキングホリデーしてみようと考えてる方は上記対象国から厳選して選んでくださいね!!


・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

バックパッカー夫婦のワーキングホリデーinオーストラリア         ワーキングホリデー行くと決めたら国際免許証を取得するべしっ!!

 今日は久々にワーキングホリデー資金・予算・準備・ビザ申請・ワーホリ情報etcのカテゴリにブログ書きたく思います。

 そして今回のテーマは「国際免許証」だったりします!!

国際免許証って何?という方もいるでしょうが、恐らく車やバイクの免許証ってのは今の世の中では殆どの方が持ってるかと思います。しかし、その免許証は日本国内での運転しかできない・許されないものなんです。

 ですからワーキングホリデーや海外に長期で滞在予定の方は念の為に国際免許証を取っておいた方がいいですよ!という事なんです。まあ、免許センターとか通常の免許更新するところなら簡単に発行して貰えるので難しい事はありませんからアシカラズ。(ただ、警察とかだと国際免許証の発行に時間が余計にかかります。)

 そして国際免許証の有効期限なのですが、これは短くて1年間しかありません・・・。なので1年以上海外で滞在される方は、日本の運転免許証をその国の免許に切り替えるか、試験を受けてその国の免許を取得する必要があります。(ワーキングホリデーも今じゃ2年間の期間OKだから考えどころです)

 そんな訳で、今持ってる免許証の有効期限が1年未満の場合には、国際免許証の発行を受けることができません。こういった場合の特例措置として、通常の免許更新手続き期間以外にも免許の更新を行うことができますから、1年未満しか有効期限ないから国際免許証が貰えないって事は無いので御安心を!!

一応、国際免許証の申請に必要な書類ですが

  国外免許証交付申請書
■ 外国に渡航することを証明する書類
■ 現に受けている免許証(提示)
■ 免許証用写真1枚          だそうです。その他詳しい事や詳細は、お近くの免許センターなんかに聞いて見てください。

*この国際免許証はオーストラリアに関しては入国から3ヶ月しか適用がないので注意が必要です!!

 まあ、国際免許証はあった方が便利だし発行にたいした手間もかからないので(無ければ困りますから・・・)一考の価値ありだとパッカー夫婦は思います!!

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

オーストラリアの基本情報(基本データ)です。ワーホリや旅行に行かれる方参考にどうぞ!!

 今回のブログはワーキングホリデーについて(資金・予算・準備・ビザ申請・ワーホリ情報etc)のカテゴリへの追加です。本当は、もっと早めに書かなきゃいけなかったのでしょうがガイドブックとかに出てるからいいかと思ったんですがオーストラリアの基本情報というか基本データを書いてみます。ワーキングホリデーに行く方や旅行に行く方参考にどうぞ。わーい(嬉しい顔)

国名・オーストラリア連邦(Commonwealth of Australia)

面積: 769万平方km (日本の約20倍と超広大) f074.gif
人口: およそ20.000.000(私たち日本の人口のおよそ7分の1ですかね)

通貨: オーストラリア・ドル (A$) すんげ〜円安進んでますexclamation×2

主要都市: 首都・キャンベラ(コレ意外な人多いかも・・・)、シドニー、パース、ブリスベン、メルボルン 、ゴールドコースト、ケアンズ、ダーウィン
州:6つの州と2つ特別区があります 
 ニューサウスウェールズ州(NSW)ビクトリア州(VIC)
 クィーンズランド州(QLD) 南オーストラリア州(SA)
 西オーストラリア州(WS) タスマニア州(TAS)
 
 オーストラリア首都特別区(ACT)
 ノーザンテリトリー(NT)アボリジニとかが居るところ

時差 ちょっぴり複雑ですが3種類の時差があります
 東海岸 NSWシドニーとか、QLDブリスベンやゴールドコーストとか、VICメルボルンとか、ACT、TASは日本より+1時間
 中央部 SA、NTは+30分
 西部 WSパースとかでは日本より-1時間
 
 (10月最終日曜日〜3月最終日曜日までは州によっては。サマータイムがありDaylight Saving Time、その期間はさらに+1時間ッス。こっれて体験すると不思議な感じです・・・るんるん
 
国番号: 61

祝日: 1月1日 ニュー・イヤーズ・デー、1月26日 オーストラリア・デー、4月9日 グッド・フライデー、4月12日 イースター・マンデー、4月26日 アンザック・デー、6月14日 クイーンズ・バースデー、12月25日 クリスマス・デー、12月26日 ボクシング・デー などなど

緊急番号: 000 (警察、救急病院、消防)

電圧: 220〜240V (日本のみ仕様の電化製品使うとショートします・・・ドライヤーとかね日本は100Vですから)ちなみにコンセントの形状も三又で違うのでワーキングホリデーや旅行に行く前によういしときましょう!!

 まあ、こういったのがオーストラリアの基本情報でOKでしょうかね???そのうちブログでバスとか電車とか使い方とかUPできたらと思います。それでは今回はこの辺で・・・。次回のブログをお楽しみに!!




・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。