スポンサード リンク

TOP> つぶやき

動画って威力絶大です!!バックパッカー夫婦のワーキングホリデー生活やラウンド・東南アジアの思い出が猛烈に甦って来ます!!

 この間のブログ前編後編のブログを書いた後に久しぶりに夫婦2人でデジタルビデオで撮った動画を見ました。

 最近はパッカー夫婦(旦那)がブログを書くときに少し見る程度でしたが、この間のブログのお菓子作りの時の状況が動画に収められてたんで懐かしくなって夜に奥さんが美容院から帰ってきた際に見せて2人で大爆笑・・・。

 「お菓子作り手伝わせろよ〜」「ダメ〜!!!!!」みたいな、やり取りが満載で最終的にはズシリと重い一言「せっかく節約してんのに、毎度毎度の実験でお菓子がパーになったら勿体無いでしょっ!!」って言われてションボリしつつビデオの電源切ったみたいな感じです・・・。

 しかしビデオの動画って凄い威力ですね!当事の記憶が画像とかと違って動いてますから一瞬の内にタイムマシーンで戻った様に思い出されてきます。(ただテープの本数が18本あって編集してないですからメンドクサクテ、ブログ始めるまで殆ど見ませんでしたけど・・・)

 あとは、ついでなんでワーキングホリデーのラウンド編とか東南アジアのバックパッカー編とかも少し見たんですが、動画は素晴らしいっス!!編集すれば短くなって勝手もイイんでしょうけどね・・・まあ仕事してる間は無理ですけど。

 そんなこんなで今日は、ビデオで保存してある動画って凄い!!っていう「つぶやき」でした。画像・日記・動画の3点セットをフル(?)に活用してこれからもブログ頑張ろう!!と思うパッカー夫婦でした。(動画のアップもして見たいけど難しそうだしね)

それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

ワーキングホリデー 保険 でアクセスが多いということは?

 今日は、ワーキングホリデー保険で「つぶやき」書いてみようと思います。何故、ワーキングホリデー保険なのか?それは、このオーストラリアでワーキングホリデー編へのアクセスで非常に「ワーキングホリデー 保険」という検索ワードで見に来てくれる人が多いからなんですけど・・・。

 という事はワーキングホリデーにしろ海外旅行にしろ保険という安心が皆気になってるんだな〜って思う訳で、まあ、ページにワーキングホリデー保険というキーワードを入れてるんでパッカー夫婦としてはアクセスが増えるのも嬉しいですけど、パッカー夫婦のブログを見て実際にワーキングホリデーに旅立つ前にワーホリ@保険とかに加入したりしてくれたら良かった×2となって、お役に立てて光栄ですみたいな感覚になれます。(あくまでも「ワーキングホリデー 保険」とかで検索から来てくれる人が毎日いて1ヶ月単位で見れば結構な数値なんで、そっからの想像ですけどね)

 ちなみに訪れて貰えるページとしては保険関連だと、
 
ワーキングホリデー保険は必要ですか? A、ワーキングホリデー保険は必要○○○す!! や

保険会社へ電話をせねば!!クレジットカード付帯の海外旅行保険も意外にグッジョブ!!です。ワーキングホリデーも最初の3ヶ月はコレでいいかも!! や

ホームステイ先に泥棒が! ワーキングホリデーするなら保険は大事だよ〜

なんかが多いです。「ワーキングホリデー 保険」以外でも保険関連でヒットしてるのも数としてはあるので恐らくタイトルと文章とかでも検索エンジンに引っ掛かってるんでしょう。

 まあ何にしてもワーキングホリデーだろうと海外旅行だろうとバックパッカーな旅だろうと保険は超大事ってのがパッカー夫婦の持論なんで(なんせワーキングホリデー中に保険を1回、バックパッキング中に保険を1回使ってますから)今現在、保険の事で悩んでる人がいるならば一番安いプランでもいいから絶対に保険に加入をしてください!!って伝えたいです。保険に入ってないで盗難とか本当に悲惨ですから・・・。

ワーキングホリデー、保険 ワーキングホリデーの際に加入したワーホリ@保険です。

 パッカー夫婦的には、3ヶ月以内の短期旅行・短期滞在ならクレジットカード付帯の海外旅行保険、それを超えるならワーホリ@保険みたいなワーキングホリデー用の保険とか各社扱ってる留学保険がいいのではないかと思います。(まあブログ内で散々既出ですけどね)

 そんなこんなで「ワーキングホリデー 保険」というアクセスが多い事からの今日の「つぶやき」でした。少しはお役に立てることを願っています。それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

ワーキングホリデーやバックパッカーな生活の記憶を掘り起こすには日記・動画・画像・手紙やハガキが一番です!って「か欠かせません!!

 昨日のブログに書いてて思ったんですが本当に日記とか写真なんかの記録に残しておくってのは大事だなって。(パッカー夫婦の場合は、日記・画像・動画・手紙で日々の記録を残してあります。わーい(嬉しい顔)

 最近感じますけど時間が経つと記憶ってのは薄れてきますからね・・・。パッカー夫婦は2人で会話しててもワーキングホリデーバックパッカーなテーマで、

「ねえ、オーストラリアワーホリしてる時に〜で見た人覚えてる?」とか「ラウンド中にアデレードで〜したよね。」とか「エアーズロックでさ〜見たよね?」などなど片方が覚えてて片方が忘れてるってのが結構ありますし、同じようなパターンで、

インドネシアの船で〜に会ったよね?」とか「カンボジアで一緒にバーストリート行った日本人の〜ちゃん覚えてる?」とか「マレーシアで泊まったゲストハウスの日本人の奥さんの名前なんだっけ?」など広い分野に渡って日記を読み返したり、動画を見たりとかしなくてはド忘れしてて見れば「あっ!!がく〜(落胆した顔)」って思い出すみたいな事が多々ありますから・・・。

 これが1人だと更に激しく記憶を掘り出すのが大変じゃないかと思う次第です。まあ今日の「つぶやき」で何が言いたいかというと、これからワーキングホリデーバックパッカーな旅を考えてる人(単に海外旅行でもOK)は、最低でも日記は書いておいた方がイイんじゃない?って事なんですけど・・・どうでしょう。たらーっ(汗)

 以前このブログでも手紙やハガキの大事さ書いてみましたが日記も同じくらい大事だよって感じです。正直、今はデジカメとか普及してるんで画像で残してる人は多いんでしょうけど活字や文章として残す事の方がパッカー夫婦としては5年間経った今貴重だと思うのでアシカラズ。(もちろん画像や動画も貴重ですけど細かい所って意味です!)

 まあ、参考にして頂ければ幸いです。それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。