スポンサード リンク

TOP> 海外旅行

マノーラホテルで朝食を食べ、いざカオサンへ!!

それでは前回のブログの続きです。ようやく今回のタイはバンコク旅行の本章スタートってとこですね。

本日は、おもくそ眠たいですが時は有限。目覚ましをガチでSETしといたので8時に起床です。でもってシャワーを浴びて朝食会場へGO!!

ネットでマノーラホテルの口コミなんかみてると朝食ビュッフェに不満気な人が多かったのすが種類を量も豊富で味もいけてるのもアリ、結果満足×2。パッカー夫婦は味オンチかもしれませんがね・・・。

タイ、バンコク、マノーラホテル、朝食マノーラホテルの朝食会場の雰囲気です

パンもトーストだけでなく菓子パンみたいのもありサラダ、卵料理に焼きそばやお粥なんかもあって、ポテトやハムにジュースとかって感じでガツガツ食べれました。数日間でメニューも少しは品が変わってましたから言うほど問題なってぃん具じゃないかと思う訳で。個人的にはマノーラホテルの方々は頑張ってます♪

朝食後はマノーラホテルには備え付けでドライヤーが無い様なのでフロントにてリクエストしてお借りしました。料金は心配でしたがモチロン無料です。でもってホテルを出たら流しのタクシーを拾いカオサンへGO!!

いつも行きつけの旅行会社へ行き半日OR一日のツアーを申し込みに行くのがネライです。正直タイで日本人はメッチャボラレてるでしょうからパッカー夫婦のブログを見た方はラッキーかも???7〜8年くらい前から何度も利用してますが安心なエージェントです。一般のフリーツアーの方々は日本からのオプショナルツアーも手軽でイイですが、こういったチョイスもありって事で一考を、バックパッカーな旅を考えてる方も日本語通じないしな〜とかって尻込みせずチャレンジしてみるのがいいんじゃないかな〜なんてパッカー夫婦は思います。まあ考えは人それぞれですけどね。

しっかし前回のベトナムといいタイといいタクシーが超お気軽に利用できて本当助かります。バンコクのメジャーどころだったら35B〜100Bもあればたいがい行けるんで嬉しい限りです。例えばカオサンからプラティナムショッピングモールまで渋滞なんかで40分とかかかっても85B〜100Bみたいな具合です。まあ渋滞とかを度外視すれば2人で乗ればBTSなんかよりも安いんじゃないかな?ていうかパッカー夫婦は娘のベビーカーとかあったんでエレベーターないと駅までの歩きもシンドイですし上り下りも大変ですからね・・・。

そんなこといいながらマノーラホテルから最寄の駅とかまでも経験ってことで歩いたりしましたけど・・・やっぱり失敗でした。ベビーカーなければノープロブレムですよ!!ただタクシーはバシっとメーターを使わせましょう!!なんだか渋滞で長い距離は嫌みたいで乗車拒否や料金交渉制にしてくる運転手いますがガンガン声をかけてれば良識あるドライバーにあたりますから!!

で前置きは長くなりましたがカオサン到着。いつきてもココはいいとこですね。空気が大好きです。この賑やかな感じと欧米人のダレ具合がパッカー夫婦には心地よいです。

早速そこら辺のカフェでビールの1杯でもグビっといきたいところですが目的はツアーの申し込みですから我慢×2。一目散でエージェントへ向かいます。まあ旅行会社といっても個人店のような小さなところですから昨今の世界的不景気で潰れてない事を祈るばかりです。

と本日はこのへんで・・・続きは次回のブログにて!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

タイはバンコクへ到着そしてマノーラホテルへGO!!

それでは前回の続きです。

乗り継ぎの台北を発ちバンコクへの到着は1:00am位だったかな?到着後の荷物でベビーカーがナカナカ出てこずにイライラしてしまいました。しかし格安ツアーですから他の乗客にツアー客もいるでしょうから急いでも・・・とか思いつつ送迎の係りの人とご対面。しかし他の日本人はいない感じだったので聞いてみるとパッカー夫婦のみみたいえした。

ただニセモノの可能性もあるのでホテル名などなど聞いてみると係りの人に間違いないようなので、正直「ラッキー!!」とか思いつつワゴン車へ。

格安ツアーでありがちなのが複数のホテルをチェックインしながら回るっていうパターンを回避できたので、どうやら少しでも早めに就寝できそうです。(最後のホテルになんかなったら最悪ですから)

で到着したホテルはマノーラホテル。まあまあ外見・ロビーともに問題ない感じ、フロントや荷物とか運んでくれる人もいい具合だったので良かったです。でもって部屋に入ってみるとなのですが・・・少々外見やロビーの作りに比べると見劣りしてましたが(なんていうか床が貧乏臭いんだと思う・・・しいて言えば小学校の床みたいな木の床って感じ)パッカー夫婦は、ホテルに関しては何にも気にならないのでノープロブレム。日本人のツアー客で勘違いしてる人ならクレーム出す人もいるかもねってレベルです。

ただ今は娘がいますからお湯の出だけは要チェックです。結果は熱々は無理ですが熱いほうだけ全開にすれば大丈夫って感じでした。数日間で多少温度の差があったんで、その時の客の入りや、同時間帯に一杯お湯をつかってれば前後するってな具合でしょうか???

結局、今日はだいぶ遅い時間3:00amとか位だったんで歯を磨いて足だけ洗って寝る事にしたのですが、明日からどうなる事やら・・・。

良い思いでの残るタイ旅行になる事を祈るばかりです。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

台湾桃園国際空港にて 成田からバンコクへ

それでは前回のブログの続きです。

いよいよ搭乗して成田を発った訳ですが、乗り継ぎ地・台北までは3時間程なんで楽チン楽チン。席も3席用意されてるしノープロブレムです。実際、ビールを飲みながら寝てたら着いてたって感じです。

子供連れのコツとしては飛行機に乗る前に、あまり寝かせない・適度に歩かせたりして疲れさせる・お気に入りの嵩張らないオモチャを数点てとこでしょうか・・・。

万が一、子供が終始起きてたとしたらゾッとしちゃいます。なんせチビッコデビルといっても過言ではないですからね。

飛行機、タイ旅行、寝顔おとなしく寝ててね♪

乗り継ぎ地の台北では第一と第二で建物の雰囲気からして違いますが(新旧の差)第二にはオムツ替えたり授乳したりの場所が充実してました。キティちゃんの部屋なんかもありましたしビックリです。

パッカー夫婦としては一番助かったのは、サンリオのキティーちゃんのSHOPみたいのがあって子供の遊び場が併設されてたのですが、滑り台が完備されてた事ですかね。娘が滑り台を大好きで3時間の待ち時間のうち1時間以上はソコで遊んでてくれました。

サンリオ、キティ、台湾桃園国際空港 キティちゃんの滑り台です

それから台北の台湾桃園国際空港では無料の無線LAN・Wifiが至る所で接続できておもいっきり助かりました。持参したネットブックで色々とバンコクでの旅の下調べなんかもできました。速度も申し分なしでストレス無くネット環境を与えてくれて大満足です。

でもって時間は過ぎ再度飛行機に乗るのですが続きは次回のブログにて。つ〜かチャイナエアラインは初めて乗ったのですがCAの質の高さに驚きました・・・偶然かもしれませんが、今まで乗った飛行機の中でもブッチギリだったのには夫婦して驚いちゃいました・・・。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。