スポンサード リンク

TOP> 海外旅行

タイはバンコクのサファリワールドへGO!!

それでは前回の続きタイはバンコク旅行3日目です。

朝は目覚めとともに朝食バイキングを食べて8時30分にマノーラホテルまで迎えに来てくれるってんでロビーで待機。いつもカオサンでツアーを頼むとカオサン集合・解散なのに少々変な感じ・・・。まあパッカー夫婦としてはカオサンまで行くとタクシー代とかかかるし助かりますけどね。どうやら同じマノーラホテルでもサファリワールドへ行くカップルがいてビックリ!?インド人の若い新婚さんか恋人同士ってな雰囲気でした。

で定刻に向かえがきたのですが案の定1BOXのワゴン車ハイエースで登場です。でその後は別のホテルでもピックアップして中国人の家族連れが加わり更に別のホテルに行くも集合時間に来なかったとかで計12人位でサファリワールドへGOと相成りました。車内では皆当然のごとく爆睡なのはいうまでもありません・・・。

で1時間も走ってたらサファリワールドへ到着です。意外にバンコク市内から近いんでビックリでした。ガイドさんが色々説明してくれて最初はサファリワールドから見学で、その後マリンパークでショーを見るとかなんとか途中で昼食をはさんでショーがなんとかで終了みたいな流れでした。

結局のとこガイドにひたすら連れて行かれるままに歩くだけなのですが結論から言えばショーの時間や場所を把握してくれてるんで大助かり。通常ガイドなんて邪魔な存在な事が多いですがここサファリパークでは別でした。

という訳でいよいよサファリワールドの始まりなのですが、まずはサファリパークのゾーンからスタートです。自力で行ってれば20B払ってバスに乗るハズでしたがツアーなんで送迎のワゴン車で直接サファリパークを回ってくれました。結構ゆったりと回ってくれるんで娘も大はしゃぎで動物を堪能です。いつもは上野動物園でオリや柵に囲まれた動物ばかりですから迫力が違います!!もう車の窓ガラスが割れるんじゃないかといわんばかりで食いついてサファリパークを楽しんでいました。

サイ・ライオン・トラ・ゴリラ・キリンなどなどを間近で堪能です。娘の笑い声や笑顔を見ると何だかバンコクきて良かったな〜って思える瞬間でしたね。まあ富士サファリパークとかの方が全然マシですけど適当具合がタイらしくてグッジョブな仕事してました。一応安全な動物と猛獣ゾーンが厳重な門で区分けされててウケちゃいました。

なんだか時間が合えばトラなんかへの餌やりが見れるみたいでしたが残念ながら見れませんでした・・・。時間にすれば30分位でグルっと回る感じですかね・・・まあ見て損な感じではありません。つ〜か子供連れなら大満足です!!(まあ子供とかいないと行きませんよね)

でお次はマリンパークへと移動なのですが続きは次回のブログにて。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

タイはバンコクのチャイナタウンでフカヒレと北京ダックに舌鼓???

それでは前回の続きです。

夜になり晩御飯を食べなくてはって事になったのですが今回のタイ旅行ではチャイナタウンでフカヒレと北京ダックを食べるってのが決め事であったんで迷わずGOしました。

タイ、バンコク、チャイナタウン、フカヒレここのお店で食べました

何故?タイはバンコクでフカヒレ?とかって思われそうですがチャイナタウンでは安価にフカヒレが食べれちゃうんです。早速タクシーを拾いヤワラーへ行き適当にフラフラしながら店をPICKUPするのですが、どこも似たり寄ったりだったので呼び込みの感じが良さそうな人につれられて入ってみました。(食事中に地球の歩き方やガイドブック見てたら偶然載ってて白けた。店名は「」でした。

途中でキレイな店でソコソコ人も入っててなテキサスという店があり食べようとするもタイスキのチェーン店であやうく今回のフカヒレの野望が失敗するところでした・・・。ただね・・・メニューが写真のみで分かり易かったから・・・。

で店内に入るとソコソコお客は入ってて賑やかな感じ。ただあまり広くなかったんでベビーカーがシンドイ・・・一応、子供用のイスがあったんで使用するも娘はじっとしてなくて難儀しました。でもってメニューを見てみたのですが当然フカヒレはわかりやすくてOKなのですが肝心の北京ダックは無く他のメニューも写真が無く漢字と英語のフリガナで想像しなくてはならなくてメンドクサイ×2。

結局はフカヒレ・ダックの焼いたやつ・蟹チャーハン・野菜いため・焼きビーフン・ビール・レモンティーみたいな感じでオーダーしたのですが特筆すべきはフカヒレですが300Bでたくさん食べれました。味の方は正直???ですが高級食材とはいえ安い切れ端みたいな部分じゃこんなもんなのかな?とかって思いつつ食べてました。まあ経験ですね♪結論からいって高いお金払ってまでは・・・です。ただ蟹チャーハンは美味かった!!結局は中国を旅してる時もそうでしたが安全パイでハズレが無いのはチャーハン・焼き飯なんですよね・・・。まちがいないです。しかし北京ダック食べたかったな〜。

最後はデザートという事で何やら3種類位頼んでみたんですがプリンとかは普通もエッグタルトは抜群で満足。あと最初に頼んだレモンティーは超甘くてゲロマズなんで絶対飲まないほうがイイですよ。

タイ、バンコク、チャイナタウン、フカヒレ お店の外観です

まあ、なんだかんだといって美味しく楽しく時を過ごせた訳ですがココでも娘は終始従業員や他の客と楽しく戯れてて親としては嬉しいのですが大変でした・・・この性格はパッカー夫婦のどっちに似たのやら???最後は調子に乗りすぎた従業員がデッカイ生きた蟹をもってきて脅かされて泣いてましたけどね・・・。(ちなみにハサミは紐でしばってありました)

食後はチャイナタウンもたいした感じでないので速攻でタクシーにてマノーラホテルへお帰りです。料金は40Bとかだったかな?しっかし案外いい感じで過ごせたタイはバンコク旅行の初日だったかな〜なんて思いつつ眠りについたのですが明日はサファリワールド!!超絶にたのしみなのでした♪

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

タイはバンコクでの両替はSR・・・???

それでは前回の続きで日本円をタイバーツへ両替ってとこからです。

両替は恐らくバンコクで一番レートがイイのではないかと思われるSUPERRICHへGOです。パッカー夫婦は毎回3000B位はあまらせておいて帰国するんで用事のついででスーパーリッチへ行くので本来の海外旅行や格安ツアーで期間が数日間であればタイのスワンナープ国際空港で問題ないと思いますが(たいした差ではないですから・・・)ただ少しでも両替で満足を得るなら通称SRへ行った方が吉です。

一応その日が10000円で3730Bになったんで結構円高だな〜と思い30000円程、日本円をタイバーツにしてみました。店内に入ると優しいお姉さんがパスポートのコピーをとってくれるので、それとお金を窓口に持っていって終了って流れです。両替中も娘はお姉さんたちとおおいに遊んでおりました。

でもってお次はBIG-Cへ・・・。まあ外資系の大きめのスーパーマーケットというかね。パッカー夫婦の自宅の周りではカルフールやコストコなんかがあるのですが、そんな感じのショッピングセンターです。映画館なんかも入ってたかな?そしてパッカー夫婦は恒例というかお土産探しに邁進です。海外旅行でのお土産は常にスーパーで現地っぽいお菓子を見繕ってます。

今回はタイ語のプリッツと日本で見たこと無いプリングルスをチョイス。超格安にて海外旅行の悩みを解消です。免税店や空港で買うのはナンセンスです。まあ職場の雰囲気や面子によっては難しいとこですけどね・・・。

そんでもって更には自分たちのお土産としては現地のインスタントヌードル。これまたしこたま購入です。味は賛否両論でしょうがパッカー夫婦は好きなんです!!でも輸入食品店では高いと思って買えない貧乏性なんで海外旅行のついでにGETです。前回のベトナム旅行の時もフォーのインスタントヌードルを買いましたしね。

そんなこんなで両手・ベビーカーとあふれんばかりの手荷物になってしまったので一旦マノーラホテルにタクシーで戻ったのですが、東南アジアってこういった時にお手軽タクシー最高です。

マノーラホテルに戻ったら少々疲れがでかかり休憩をとおもったのですが・・・時は金なり有限ですので一服したら即ホテルを飛び出そうと思ったのですが、そこは1歳8ヶ月の娘も一緒ですのでグッと堪えてベッドの上で休憩しちゃいました。まあ親としては当然でつ・・・。

でもって夜がやってくるのですが・・・続きは次回にて。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。