スポンサード リンク

TOP> 海外旅行

タイはバンコクでネイルアートを堪能!?

それではサファリワールド後の続きです。

ツアーの帰りを宿泊中のマノーラホテルでは無くバッポンの近くで降ろしてもらったのですがパッカー夫婦はゴーゴーに行きたいのでもなくパチもんの腕時計(ロレックスとかブルガリとか)やブランド品を買いたいでもなくマッサージをするでもなく目的は奥さんのネイル。

奥さんは美容師で結構オシャレさんの部類に入るのだが(まあ単なる浪費家ですね・・・)どうしてもジェルネイルがどうとか何とか言ってたんで旦那の僕としては仕方なし・・・。予約もせずにカオサンでネットしながら調べたネイルのお店へGO!!なんだかビルの地下1階とかってなってて見つかるかな〜と思ってたら即発見する事ができたのですが、今は無理とかなって1時間半後だったらOKみたいな話の流れ・・・まあせっかく来たし明日になるのもメンドイのでお願いして付近をブラブラする事に。

しっかしバッポンはパッカー夫婦的には興味ないんでタニヤ通りを抜けてBTSに乗りフードコートでご飯食べようと決めMBKまで行ってみました。時間的にギリだけど、「まっ、いいか♪」的なノリですね・・・バッポン周辺でメシ食べれば?って感じですが気にしない×2。MBKでは、ざっと子供服売ってる店だけ見て友達の出産祝いに数点のベビー服SETを購入。パッカー夫婦も妊娠中タイに来たときに買って重宝したのがあったんで同じような商品をね。しっかしMBKは値切るのがシンドイっす・・・もしかして値切るのはダメなのかな?まあ。それでもゲーム感覚で少々値引いてもらい満足×2。で肝心のフードコートは適当にチョイスしてパクパク。急ぎで食べてどうでもいい感じだったんでハショリます。(どうせ明日も来るし・・・)

タイ、バンコク、MBK久々のMBKです

そうこうして時間も来たのでバッポンに戻りネイルのお店へ・・・。しかし、ここからが奥さん天国・旦那は地獄みたいな展開に!!ネイルが終わるまでのおよそ3時間・・・娘の面倒を見るのが本当に大変でした。本当はホテルに戻ってれば楽なんでしょうけど、奥さん1人でおいてくのもアレですし・・・。あ〜・・・マジでシンドかった。その様子は次回のブログにて。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

タイはバンコクのサファリワールドでトラの赤ちゃんを抱っこして写真撮影!?

それでは前回の続きです。

昼食後にパッカー夫婦が見た1発目のショーなのですがスパイウォーとかいう???なものなのですがなんというか猛烈に三文芝居でお粗末様なアクションショーなのですが007にUSJのアトラクションのウォーターワールドを足して2で割ったみたいなものでした。しっかしこのお子様向けのくだらないショーなのですがタイって事もあり日本なんかとは爆発の火薬量とかが違い炎があがる場面に関しては迫力がグッジョブ!!で予想外に楽しむ事ができちゃいました!!ただ小さいお子様はヤバイかもしれません・・・娘や、その他のちびっ子は皆大泣き状態でしたから。ただ間違いなく見て損は無いのでサファリワールドに行った場合は要チェックです!!

でお次は象のショーを見てお帰りとなる予定だったのですが(象のショーも前にTVのニュースかワイドショーでやってたのですが絵を描く像ってのをやってました。後は一般的なサーカスなんかの像のショーって感じでした)パッカー夫婦は面白いものを発見してしまいました!!

それは何かと言えば赤ちゃんトラを抱っこして写真撮影するというものなのですが奇しくも来年の干支はトラだったりしますから、この機会を逃す手は無い!!と思いまして果敢にトライしようとしたのですが・・・料金を見ると・・・350Bというタイにしては法外な値段設定ではありませんか・・・一瞬、ほんの一瞬ですが貧乏バックパッカーの血が騒ぎかけましたが、娘にトラと写真を撮るか聞くと・・・

「トラしゃん、抱っこ(手をクロスして抱っこのポーズ)」と言うので350Bを払い写真撮影をしてみました。しかし赤ちゃんトラのやつはカメラ目線ができずにタイ人のカメラマンとその助手がモタモタしてるんで娘がトラにでは無くまわりのタイ人の大人に対して泣き出してしまいました・・・まあ親としては、その光景も微笑ましいものですからバシバシとデジカメで写真撮ってましたけどね・・・娘よゴメン♪

でバンコク市内への帰路へとなるのですがワゴン車の車内では皆爆睡。最終的にはガイドさんにマノーラホテルでは無くバッポン通りで降ろしてほしい旨を伝えると気持ちよく快諾してくれて若干のタクシー代の節約をする事ができました。

しかしタイはバンコクのサファリワールドは意外と大人も子供もガッツリ楽しめるテーマパークだな〜ってのが率直な感想のパッカー夫婦なのでした。続きは次回のブログにて。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

オラウータンのキックボクシングをタイはバンコクで・・・

それでは前回のブログの続きです。

タイはバンコクのサファリワールドにてサファリパークが終わってマリンパークへ移動。ガイドさんの先導で一番最初にオラウータンのキックボクシングショーを観戦です。このオラウータンのキックボクシングショーは以前にTVのワイドショーで見たことがあったので滅茶苦茶期待してたんですが・・・ハッキリ言って凄い!!期待を裏切らず腹のソコから笑わしてくれて楽しませてくれます!!まあ動物愛護の観点から行けば???ですが、面白すぎました。

タイ、バンコク、サファリワールド、オラウータン、ボクシング こんな感じです

タイ、バンコク、サファリワールド、オラウータン、ボクシング コミカルすぎ♪

でもってお次はアシカのショー。これは面白いですがいたって普通に楽しめる感じですかね・・・まあ先のオラウータンショーや後のショーに比べれば劣るのは仕方なしかもしれません。

タイ、バンコク、サファリワールド、アシカショーいたって普通でした

タイ、バンコク、サファリワールド、アシカショー

タイ、バンコク、サファリワールド、アシカショーけど娘は食い入るようにアシカショー見てます・・・しかしタイは蒸し暑いんで少々グッタリお疲れ気味です

で昼食の時間となったのですがパッカー夫婦は格安ツアーの料金に含まれたランチなので全く期待してなかったんですが何故か他の大きなツアーの団体客とかも食べてるバイキングスタイルのランチ(やや中華風!?)で大変満足のいくものでした。ただあまりの屋外の暑さに(館内はクーラー効いてます)割高でしたがシンハービールを飲んじゃいました・・・。しっかし美味かった〜ビールって本当に喉の渇きを潤してくれます。

昼食後は次のイルカショーが待ってたのですが炎天下の中で娘の体調も心配だったので少し冷房の効いた館内で休憩しつつマリンパーク内の動物を見ながら次にあるメインのショーまで時間を潰しました。まあ大した動物はいませんが白クマとかワニ・トラ・キリンなんかを堪能です。

ただキリンに関しては餌付けができるんでグッジョブ!!な経験が積めるんじゃないかな?メッチャ顔でかくて間近で見ると案外迫力があったりしました。娘は超泣いていましたけどね・・・。

そしてメインのショーへとなるのですが本日はココまで。

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。