スポンサード リンク

TOP> 海外旅行

海外旅行・格安ツアーの宿命か?いよいよホテルにチェックインなのですが・・・

それではタイへのスモールトリップブログ前回からの続きです。

バンコクに着いてってとこからです・・・荷物も取って出口を出ましたらガイドさんを探すのですが、HISやら何やら色々な旅行会社の迎えが大勢いました。日本人と韓国人のツアー客がメインといった感じっす。ただこの時に出口が2箇所あるので旅行会社から貰った案内をちゃんと読んでおきましょう!!でないとお迎えのガイドさんと会えませんから・・・。

パッカー夫婦御一行は難なくガイドとも合流して他のツアー客(といっても女の子2人組みだけですけどね)と一緒に一路ホテルへGOなのです。格安ツアーとかで行くと深夜到着でツアー客それぞれのホテルを回らされるって可能性も高く最後にチェックインする人は悲惨っていうパターンも想像してましたが一組だけならノープロブレム。ただパッカー夫婦は女の子のホテルに行ってから後回しだったのですが何故か片道を車で深夜で渋滞とか無いにも関わらず20分くらいかかったのにはビックリしちゃいました・・・。たしかバイヨーク・スイートとかってホテルからだったかな?

この時は???でしたがパッカー夫婦の泊まったトンタラホテル(トンタラ リバービュー ホテル?)ってのは辺鄙なところにあるホテルだったので仕方なしなんですけどね・・・。

そんなこんなで結構な時間でのチェックインとなった訳ですがホテル自体は全然まともなホテルでパッカー夫婦的には大満足!!まあゲストハウスがベースにあるんで当たり前ですけどね。何にしても超眠かったのでシャワーを浴びて即爆睡だった訳でして・・・妊娠6ヶ月の奥さんも旅程的に少しヘビーでしたが(乗り継ぎは止めた方が無難かも)大丈夫そうだし、明日から(日付的には今日ですけど)の観光も頑張るぞ!!ってな感じで眠りにつくパッカー夫婦なのでした。

それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

タイはバンコクのスワンナープ国際空港に到着ですが、両替の為替レートに・・・

それでは前回のブログからの続きです。

いよいよタイはバンコクに到着でございます。役立たずなCAや超マズイ機内食etcとグダグダでしたが、ようやくアジアの風を感じ元気復活といったところです!!スワンナープ空港は今回で2回目なのですが無意味に広いな〜と思いつつもマレーシアのクアラルンプール空港なんかと一緒でキレイだし立派なので感心です。そしてイミグレも難なく通過して荷物をとりツアーガイドの待つ出口へGOなのですが・・・。

タイ、バンコク、スワンナープ空港 空港の中の写真です

ここで超ショックな出来事がありました・・・それは日本円からタイバーツへの両替レートなのですが、なんと!!成田空港との為替レートの差が尋常じゃなかったんです!!もうね・・・ふざけるなっ!!って位の差でして後悔先に絶たずみたいな激烈に悲しい気持ちになってしまいました。

ちなみに1タイバーツが成田3.96で現地3.35位の感じだったのですが不覚にも成田で25000円も両替しちゃったんで残念無念でした。いつもなら現地で両替するのですが妹もいるんで万が一現地通貨がなくて不便させたらと思っての両替だったのですが・・・こんなに為替のギャップがあるとはね・・・なので今後タイへ旅行される方は絶対にタイに着いてからの両替をオススメします。(空港でも街中でも為替レートは殆どいっしょでしたしね)

でもって出口をでたら現地のガイドが待ってましてホテルへと向かった訳ですが・・・本日はこの辺で。超自己満足なブログですがお楽しみアレ。

それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

キャセイパシフィックを初めて利用した訳ですが・・・(成田〜香港〜タイ)

それではタイ旅行ブログの続きです。

いよいよ飛行機に搭乗となった訳ですが、チェックインの際に非常口前を希望したら(足が伸ばせるから)妊婦はダメと言われたので3列の内の真ん中の列の通常の座席にGO。

とりあえずは成田〜香港間の空の旅ですが4時間ちょっとあるので奥さんは大丈夫かな?と思うも結果的には全く問題ありませんでした。一応は飛行機に乗る当日は炭酸飲料だけは止めさせときましたが、その他は普段と変わりなしでした。(成田空港ではクレープとMOCHICREAMという超甘甘な組み合わせの間食はしてましたけどね)

ただキャセイパシフィックは初めて利用しましたが、あまり好印象は受けませんでした。どうもCAの人数が極端に少なく機内食を配り始めると手の空いてるCAがいなくなるようで呼び出しのランプを押しても完全に無視状態でした・・・他の席を見ても呼び出しランプがつきっぱなしだらけだったんで、「どうなってんの?」って感じでした。

結局、成田〜香港〜タイ〜香港〜成田と計4回乗ったのですが全て同じ状況だったんで人件費の削減なのかは???ですがキャセイパシフィックの方針なのでしょうか?それともコノ路線だけなのかな?

それから機内食も今まで乗った飛行機の中でも超絶にワーストクラス・・・魚とカレーでの選択肢でしたが両方とも×でした。ただパンとデザートは個人的にはOKとおうか美味しかったですけどね。ちなみに4回ともディナー級の機内食で朝食チックな軽食では無かったので念の為。あとアイスクリームもGOODでした!!要はメインがダメダメだった訳です・・・。

そんなこんなで映画なんぞを見たり寝たりとしてる内に香港に着いたのですが乗り換えは至極簡単スムーズにいきました。1時間位の時間があったのですが空港内に無料でインターネットができる場所があったんで退屈せずに過ごせました。ただ英語と中国語しか入力できませんでしたけど・・・見る分には日本語もOKでした。

海外旅行、香港、画像 香港の空港内にてですが香港てワトソンズ多いですよね

でもって再度飛行機に乗りタイはバンコクを目指すのですが本日はこの辺で、続きは次回のブログにて・・・。

それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。