スポンサード リンク

Top ワーキングホリデー 5月 ;>異国の地での留学って超難しい・・・10代の子の悩みに凹みますinオーストラリア

異国の地での留学って超難しい・・・10代の子の悩みに凹みますinオーストラリア

ワーキングホリデーinオーストラリア 58日目
 では前回のブログの続きから、韓国人少年アンソニの悩み話についてです。わーい(嬉しい顔)

 話の始まりは、こんな事からでした・・・「今日、ハイスクールのクラスメイトのオージーとケンカしちゃったんだ・・・」(見れば、顔には少しアザがあったりします)

 まあ、ヤンチャな子ですしティーンな年頃ですからケンカくらいして当然ですし「ふ〜ん」位にパッカー夫婦は思っていた訳です。

 すると「なんで僕はオーストラリアなんかに連れてこられたんだろう・・・韓国にいたかった・・・」なんて少々ディープな話題へ移行してゆきました。まあ、パッカー夫婦もつたない英語を駆使して色々会話してみます。

「そりゃ〜韓国にいたかった気持ちはわかるよ。ただ、親の英語圏の国にアンソニの将来を考えて留学させたかった気持ちもわかるし・・・難しい問題だね。」なんて感じ。

 ただ、話を聞いていると10代のアンソニが抱える悩みの根底には通常の思春期の子と違い異国の地でのアジア人への偏見というか差別みたいのを感じとる事ができました。

最終的には「もう、ハイスクールには行きたくない・・・オージーと一緒の空気なんて吸いたくない!!」なんて言葉が出て来る始末。もうね、パッカー夫婦は当時25才で(ちなみにパッカー夫婦は同い年ッス)そんな重たいテーマに困ってしまいました。f007.gif

 不登校児やニートを子供に持つ親の気持ちが瞬間的にですが理解できた気がしました。(いい経験させてもらったって今でこそ思えますけどね)結局、何が適切なアドバイスかなんて???ですから、「オージーなんて気にしないでいいし、学校行けば韓国人の友人だっているし・・・オージーなんかに負けんなよ。」みたいなありきたりの言葉しか掛けてあげられなかった不甲斐ないパッカー夫婦がソコにいました。

 しかし、パッカー夫婦が間違いなく感じ取れた事は、異国の地で10代の子供が自ら意思ではなく親の意思で連れてこられた場合、万が一・・・子供が環境に順応できなかった場合の苦痛は並大抵のものではないという事でした。(f067.gif子供を安易に留学させるのは考え物かなと・・・)

 最後は、アンソニをなだめて落ち着かせて家に帰したのですが大した役にも立てずパッカー夫婦の力不足を感じ、更には英語力無さに憤りを覚え複雑な心境でシェアハウスに戻ったのでした。それでは次回をお楽しみに!!(しかし、保険会社へは連絡したものの先に待ち受けるオーブンの困難が着実に接近してるのを知らないパッカー夫婦だったりします。がく〜(落胆した顔)

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33412228

この記事へのトラックバック
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。