スポンサード リンク

Top ワーキングホリデー 3・4月 ;>怒り爆発 オージーなんかに負けないぞ!!

怒り爆発 オージーなんかに負けないぞ!!

ワーキングホリデーinオーストラリア 32日目 
 それでは前回のブログの続きです。

その出来事とは・・・。オーダーして揃ったサーフィンの道具を見てみると何故か払った金額と奥さんのボードのプライスが違う事に気づいちゃったんです!!(勿論、支払った金額の方が多かったっス!!)

 なんでだろう?と思い店員に聞くと、「その差額分でリーシュつけといたけど」みたいなことをサラッと言う始末・・・。さんざん時間かかって何度も約束を破られ、何度もパッカー夫婦は無駄に足を運び文句も言わず(言えなかっただけですけど・・・)にいたのに、その店員の態度に今迄溜まっていた私の鬱憤は猛烈に爆発してしまいましたパンチ!!(どりゃ〜〜〜〜〜!!ちっ(怒った顔)

 だって差額分は返金して、その上でリーシュをサービスする位で丁度いい按配じゃないですか!!(日本人的な感覚としてはね。)しかも100歩譲ったとしてもお客の側に返金かリーシュかを選ばせるべきじゃないでしょうか?

 この時は怒ってますからオーストラリアの商習慣なんて関係無しです!!

ちなみに奥さんはリーシュは既に持ってましたし・・・。

 こなったらもう止まりません!!爆裂マシンガントーク(?)の始まりです!!(不思議なもので超超超怒ってますから文法なんか気にせずに英語がでてくる×2・・・キッチリと言いたい事も伝わってます)

 最初は店員も急に怒り出した私に「はぁ?お前ナニ言ってんの?意味ワカンネ〜よ!!」みたいな態度でしたが、超angryになってますから完全にお構い無しに捲くし立ててやりました!!例に出すなら中国人が欧米人に一方的にアジアンイングリッシュでクレームつけてる感じかな?(わかります?はっきりいってタチ悪いっス)

 結局、最終的には差額分は返金でリーシュはサービスでしたが後味悪すぎでした。(くっそ〜〜〜〜ふらふら

 ただ、この一件で一皮剥けた感があり外国人に物怖じしなくなったかなって気がします・・・。それが唯一の収穫でしょうかね?(英語が苦手で欧米人とコミュニケーションをとる事にためらっていたコンプレックスから抜け出せたって感じです。)

 サーフショップを出た後は再度パッカー夫婦の家に戻りイアンとランチを食べてBye-Bye。なんか変な1日でした。

それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。