スポンサード リンク

バックパッカー夫婦にとってZARD坂井泉水さんの「負けないで」はワーホリ時代の思い出の曲の一つなんです!!

 今回のブログは遅ればせながらZARDの坂井泉水さんの事で「つぶやき」書いてみたく思います。

 何?ZARDの泉水ちゃん?ワーホリと関係ないんじゃないの?って思うかもしれませんが少しは関係あったりします・・・少なくともパッカー夫婦には・・・。(恐らく他にもワーホリメーカーや留学生とか日本を離れて海外にって人には世代にもよるでしょうがパッカー夫婦くらいの世代には多いんじゃないでしょうか?)

 でも坂井泉水さんが40才という若さで亡くなってしまうなんて想像にもしてなかったんで正直ニュースで速報を見たときには反応できなくて名前が似てるひとなのかな?とかって意味不明な理解をしてしまいそうになってしまいました。

 パッカー夫婦にしてみればZARDのヒット曲といえば青春真っ盛りの中高生の時代が全盛でしたから自然と歌は耳に残ってるし勿論ZARDのCDは殆ど持ってます。(まあホコリが被ってたりしますけど)

 そんな訳で必然的にオーストラリアへワーキングホリデー旅立つ時、パソコンの中へ(当事はMP3プレーヤーとか無かったので)音楽を突っ込む時にZARDの歌も入れてました。

 でね・・・ワーホリ生活中に凹んでる時や挫けそうな時なんかはZARDの「負けないで」をよく聞いてたんです・・・もう何回・何十回・何百回と聞いたか分かりません。要するに応援ソングというか元気を貰ったというか頑張れって感じですね・・・。在り来たりですが、とにかく頑張ろう!!ってパワーを貰いました。

 冒頭にも書いたとおり、こういった意味でZARDの坂井泉水さんはパッカー夫婦のワーキングホリデー時代に勝手に関係あったりするんですけど本当に凹んでる時に助けて貰った歌なんで何度も日本に帰りたいって衝動を抑え込んでくれました。(他にもそういう意味での歌ってのはありますけど次の機会っス!!)

 何にしても突然の事でしたがZARDの坂井泉水さんには天国に行っても素敵な歌を歌ってくれたらな〜って思う次第です。けど人間の人生って将来の事は誰にも分からなくて結果として突然亡くなってしまう事とかがあったりしますけど・・・だからと言って好きな事ばかりやってる訳にもいかないですし難しいですね・・・パッカー夫婦(旦那)は、すぐに現実逃避したくなっちゃう派なんで困ったものです・・・。

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

バックパッカー夫婦のワーキングホリデーinオーストラリア         遂にカウンセリングが始まりました!!バックパッカー夫婦はコーヒー飲んで待つばかり・・・inオーストラリア

ワーキングホリデーinオーストラリア 85日目

 今日は前回のブログの続きからです。カウンセリングを受けに行くコリアン少年アンソニの付き添いとしてブラックタウンという土地までやってきてカウンセラーとも対面したのですがって所からですね。

 どうやらカウンセラーは日本人のパッカー夫婦がなんで一緒なのか興味があるようで色々話し掛けてきましたが結構英語で話すのシンドかったんで適当なところでアンソニの事へ話題を振って漸く解放されました。その間アンソニは、クスクス笑ってましたけどね・・・。まあ、笑顔が戻って良かったな〜なんて思いもしましたけど。

 肝心のカウンセリングも始まりパッカー夫婦は何もする事無いですから単にソファーに腰掛けてるだけですがカウンセリングの声は絶えず聞こえてきます。そんなの聞いてていいの?って感じですが彼らは韓国語で話してますからノープロブレム!!パッカー夫婦には100%意味が分かりません!!

 「くっそ〜!!韓国語が実は理解できるんです!!」みたいな流れだったら面白い話の1つや2つあって面白そうですが残念ながらそんなオチも無くコーヒー飲んで時間を潰します。

 遠めに様子を見てる限りだと落ち着いて話してるようなんで安心な訳ですがパッカー夫婦としては「カウンセリングってこんな感じか〜・・・カウンセラーとかって時間単位とか1回につき幾らとかって貰ってんだろ?いい商売だな・・・」とかってツイツイ不謹慎な事を考えてしまいました。正直、パッカー夫婦としては一生世話になる事無いだろうな〜とか思いつつ、コーヒーをお代わりしたりして待つ事1時間位かな?

 カウンセリング終了。まあ、特に終了後は何もなくアッサリと終わってしまったのですが結構飽きてたんで速攻でカウンセラーの家を出ちゃいました。また興味本位に絡まれたら鬱陶しいですから・・・。

 まあカウンセリングの内容とか細かい事聞いても仕方が無いし時間もタップリあるんで、とりあえずシティーへ戻って飯食って遊ぼう!!って事に決定。語学学校も休んじゃったし、久しぶりにシティーという都会(?)に出てきたんだから当然です!!

 一番の重要テーマであるカウンセリングは終わったんで心置きなく遊べます!!という訳で本日はこの辺で・・・。あっ!!その前にアンソニからお母さんに電話させなくちゃ!!

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

バックパッカー夫婦のワーキングホリデーinオーストラリア         カウンセリング当日。ワーキングホリデーでカウンセラーに会うなんて?知らない世界を初体験!!inオーストラリア 2002年6月19日

ワーキングホリデーinオーストラリア 85日目

 今日は、いよいよカウンセリングの日です。しかしね・・・今日は超早起き・・・目覚めたら真っ暗な空間が広がってました。その時は6:15am。(日記に書いてあるから間違いないんだろうけど太陽が昇るの遅いな〜やや欠け月

 猛烈に眠たい中ワリンガ・モールへレッツGO!!バスに揺られる時間は短いけど速効で睡魔が襲ってきます。でも寝過ごすとOUTなんで我慢×2。けどワーキングホリデーオーストラリアにきて夫婦でカウンセリングに行くなんて考えもしてませんでした・・・。世の中分からないものですね。

 でワリンガ・モールにてアンソニと合流後はシドニー(当たり前か・・)のシティーまで再度バスに揺られちゃいます。久々にシティーまで繰り出すパッカー夫婦ですが今日のテーマというか目的はカウンセリングの付き添いですから・・・ちょっぴり残念。でもバスでシティーまで行く途中に虹を見ました。なんか虹の端から端まで全て見たのは初めてかも?なんだか感動っス!!わーい(嬉しい顔)

 でシティーに到着後は、ウィンヤード駅で電車に乗ってブラックタウン駅までGO。なんだか朝から忙しくて何がなにやら・・・。電車に乗って出かけるとか知んなかったんでビックリしたんですがウィンヤード駅からブラックタウン駅までは30分弱で到着。もうパッカー夫婦には、ここが何処かが???だったりします。

 しかしアンソニは前にも来た事あるらしくテクテク迷わずにカウンセラーの家を目指してます。歩く事15分位で目的地だるカウンセラーの家に到着!!パッカー夫婦としてはカウンセリングなんて、これまでの人生において縁が無いですから緊張です。

 それも病院みたいな建物だったら良かったんですが単なる一軒屋で普通の家なんで、この先の展開が全く読めません・・・。でも仕方なく家政婦のような人の案内でアンソニについて部屋に入った訳ですが、なんだか重厚な家具に・分厚い百科事典みたいのが書棚にズラ〜っと並んでて雰囲気がヘビーっス・・・まるで弁護士事務所とアンティーク家具の店が融合した感じ?です。(表現がヘタクソでなんですけど・・・)

 そしてしばらく出されたコーヒー(コーヒー旨い〜!!)を飲んでたらカウンセラー登場。見た目は韓国人の単なる「おじいちゃん」。これからどうなるのかマジで全然わかりませんがアンソニに紹介されて自己紹介だけ済まして大人しくしてようと思ってたのですが容赦なく話しかけてきます・・・。もうやだ〜(悲しい顔)

 「おいおい・・・お前さ〜俺たちはいいからカウンセリング始めろよ〜・・・第一そんな英語でバンバン話しかけられたらシンドイだろ・・・」とかってパッカー夫婦の心の叫びは頂点に達する勢いですが満面の笑みで全力応対です。

 さてさて肝心のカウンセリングはどうなる事やら、アンソニを気遣ってあげる余裕が今の所ありませんが・・・本日はこれまで。

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。