スポンサード リンク

友人の結婚式に出て感じたこと&お祝いの言葉 パッカー夫婦より

昨日は、友人の結婚式だったのでブログの更新ができませんでした。しかし、最近の結婚しきっていうのはハイテク化してきてますね・・・。友人のスピーチとかってお祝いの言葉だったり歌だったりだったのがプロモーションビデオ顔負けの映像で綴る思い出とか、2人の生い立ちから出会い、結婚までと写真や画像(一緒か・・・)で、これまたTVを見てるみたいに編集されて映像として流れてくみたいな構成で、感心しきりでした。

 パッカー夫婦は、共通の友人夫婦だったので2人で結婚式、披露宴、2次会と参加したのですが頭の中はお祝いの気持ちと共に、動画にしろ画像にしろ編集作業はどうやってやったんだろう?なんて不謹慎なことを、ちょっぴり考えちゃいました・・・。

 でも、やっぱり結婚式ってGOODっすね!人の幸せを感じて自分にも元気が湧いてくる感じっていうのか、自分たちもこれから益々頑張っていこうとか単純に結婚する2人の未来に対する希望みたいのがパッカー夫婦の場合はダイレクトに反応するみたいです。(まあ、パッカー夫婦も仲良くやれてるってことかな???もうすぐ結婚9周年なんですが、まだまだ人生先は長いので上手く夫婦生活を維持していかなくては・・・なんてね)

 友人2人には、本当に幸せになっていただきたいと素直に思うパッカー夫婦なのでした。どうぞ、お幸せに!!そして2人で素敵な家庭を築いてください!!

 ちなみにパッカー夫婦は、どの友人にも実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のブログは教えてないんで上の祝福の言葉は99%届かないですね・・・。(ブログを知り合いに見られたら恥ずかしい・・・。)

 今日は、友人の結婚式にでての「つぶやき」でした。それでは次回だっしゃ!!
タグ:結婚式 友人

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

銀行でトラベラーズチェックを換金したら金額が少ないなんて?マジッ!!inオーストラリア 2002年5月20日

ワーキングホリデーinオーストラリア 55日目
 今日は、月曜日・・・眠気眼をこすりながら語学学校へ。特に変わった出来事は無し。(最近このパターン多いなぁ〜わーい(嬉しい顔)

 放課後は、学校の近くにあるウエストパック銀行へ預金を下ろしに行く事に決めていたので一目散にGO TO BANK!!しかし、ウエストパック銀行に着いた矢先に急に心変わりしたので預金を下ろすのをやめてオーストラリアドルのT/Cトラベラーズチェック)をチェンジすることに。

 でもね・・・やっぱりというかパッカー夫婦(旦那)はトラブルメーカーだけあって、この心変わりした事でトラブルというか不幸をカモ〜ンしちゃうんです・・・。

 で、そのトラブルとはトラベラーズチェックの換金をした際に受け取ったCASHの金額が間違っていたっていう話なんですけど、普通に考えれば有り得ないと思いませんか?(東南アジアなんかの後進国での銀行での両替なら話は理解できますけど・・・)

 事の成り行きとしては、トラベラーズチェックをチェンジすると全部で2073A$だったので1120A$を銀行口座へ入金して、残りの953A$を現金でみたいに伝えたんですけど手続終了後のレシートを見るとナント!!100A$も少なかったんです!!念入りに計算機を使ってオーストラリア人の青年が金額計算していたにも関わらず結果がコレですから正直ビックリ&唖然としてしまいました・・・。がく〜(落胆した顔)

 すぐ、その場で確認したから良かったものの万が一窓口を離れた後だったらと思うとゾッとしてしまいます。(だって絶対にクレームを信じてくれないだろうしね・・・)

 まあ、結果としては100A$は無事に銀行口座に入金されたのですが、「はい、わかりました。」と直ぐには返してくれるハズも無く超・超・超時間がかかってしまいました。もうね、パッカー夫婦にとっての100A$といえば大金ですから間違いじゃ済まされません!!ただ、特にウソつき扱いとか信じてくれないとかは無くし至って紳士的な応対だったので発狂せずには済みました。(まあ、欧米人の仕事の遅さはしょうがない・・・と、ただただ自分に言い聞かせてましたもうやだ〜(悲しい顔)

 なんてったって100A$といえば当時1A$=70円位でしたが感覚的には福沢諭吉1枚分でしたし・・・。いくら自分でトラブルを呼び込んだとはいえ辛い仕打ちでした。(素直に銀行口座から下ろしてれば、こんな事にはならなかったんで・・・皆さんもオーストラリアに限らず海外でお金を下ろす時には気をつけましょう!!)

 そんな訳で、ウエストパック銀行での一件で疲労困憊したパッカー夫婦は真っ直ぐにシェアハウスに戻り学校の宿題をコナスノデシタ。まあ、無事に事なきを得たので良かったですが、もし返してくれなかったらどうなったんだろう???な疑問の残ったパッカー夫婦だったのでした。

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

バックパッカー夫婦の賞味期限や消費期限に対する超個人的な「つぶやき」

今日は、久々に「つぶやき」書いちゃいます。テーマは、ちょっと遅れた時事ねたッス!!

 ではでは・・・不二家の一件以来といっては何ですけど、消費期限切れだの、賞味期限切れだのってホント毎日よく出てきますね・・・。今まではバレなければいいやみたいだったのが世の中やマスメディアの空気が一変してしまい、これまでは気にもしていなかったのに重箱の墨を突付くようにニュースになり活字が躍っていますが、粗を探せば出てくるのは当たり前かな〜なんて・・・ちょっと過剰に反応しすぎなんじゃないのかな〜って思ってしまいます。

 しかし、こうも消費期限切れ賞味期限切れが多いってのもアレですが、万が一同じようなトラブルが発生すると企業としては死活問題に発展しかねないですから戦々恐々ですかね???まあ、この問題がイイ方向へ進んでくれればいいですけど安全性を確保する為に今まで以上に原料や原材料、それにその他モロモロに対するコスト増が、働いてる一般のサラリーマンに押し付けられなければいいなとは思いますけど・・・。(パッカー夫婦は、そういった職場じゃないですけど心配になります。)

 パッカー夫婦は、消費期限賞味期限に対する認識は、かなり目茶苦茶なんで世の中が賞味期限とかに敏感になりすぎると息苦しいかななんて不安もありますけど、そうも言ってられないのが今の世の中なんでしょう・・・。(パッカー夫婦は、まっさきに、賞味期限切れ寸前の特売品とか買っちゃいますし・・・今回の件で特売にする時期が早まるとラッキーかも???)

 ただ企業としてのモラルを問われる事ですから、しっかり対応はして欲しい物ですが・・・(なんか矛盾してますね・・・)世の中やマスメディアの批判一辺倒な流れに少々不安でな本日の「つびやき」でした。それでは次回をお楽しみに!!(こういう報道やニュースに左右される人が、あるあるの納豆問題なんかにも振り回されたりするんですかね???パッカー夫婦は、どちらかといえばマイペースなんでノープロブレムです!!はははははっ。)

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。