スポンサード リンク

保険会社への連絡とワールドカップの優勝国選びetc inオーストラリア 2002 年5月23日

ワーキングホリデーinオーストラリア 58日目
 昨日は、オーブンのガラス窓を割ってしまったり、オージーとのビリヤード対決といい超不幸なトラブルメーカー振りを発揮してしまいましたが慣れっこなんで立ち直りも早くオーブンの件で保険会社には午後にでも連絡しようと語学学校へ登校です。

 今日の放課後は、韓国人のヨウインのシェアハウスへ数人で遊びに行く予定でしたがシェアメイトが病気で具合が悪いという事で中止にしてワリンガ・モールへ行く事にしました。

 そしてヨウインがPCのサウンドカードを買うというので電化製品の売り場へ向かうのですが、パッカー夫婦と慎吾くんはCDの売ってる所へ行き音楽の試聴に精をだしていたらアンソニがブリトニーの新しいアルバムだったらダウンロードしたのあるよ!!なんて話になり奥さんはブリトニー好きですから「ヤッターるんるん」とかいってはしゃいでいました。

(当時は、まだnyとかmxがメジャーじゃなかったんでmeshを知った時には驚いたものです。おかげでオーストラリアワーキングホリデーワーホリ)してる時も邦楽・洋楽の新曲には困りませんでした。)

 その後は、ワールドカップの優勝国を当てに皆で日本で言うウインズ(?)の様な所へ・・・ヨウインがスウェーデン、慎吾君がポルトガル、パッカー夫婦はセネガルで、それぞれ念力を込めながら購入。(あ〜た〜れ〜!!ちっ(怒った顔))そして解散な流れとなった訳ですが、ひょんな事からアンソニの悩みを聞く事に・・・。

 ただ保険会社への連絡があるので保険会社へ電話しなくてはいけない事を伝え公衆電話へGO!!(しっかし今の日本で公衆電話ってメッキリ見なくなりましたね・・・)

 まあ、保険会社への連絡窓口ですし日本語OKなんで楽チンだったのですが見積もりが必要な事と、審査の結果で保険が下りるか決まるみたいなレクチャーを受けて電話は終了。(見積もりを手に入れる所からパッカー夫婦にとっての鬼門が待ち構えてるんですけどね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 まずは、保険会社への連絡を無事に終えてホッとするパッカー夫婦でした。(これからの苦難なんて予想外ですから)ちなみに今回のオーブンの修理はクレジットカード付帯の保険を使いましたのでワーキングホリデーの為に掛けたワーホリ保険は使ってません。(まだ、3ヶ月以内だったんで)

 ではでは次回は、韓国人少年アンソニの悩みごとのお話です。それでは今日のブログは、この辺で・・・次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!!

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

ワーキングホリデーに来て最大の難題に?オーブン壊してしまいました・・・

ワーキングホリデーinオーストラリア 57日目 
 それでは前々回のブログオージーとのビリヤード対決からの続きです。トラブルの序章に過ぎなかったて所からッス!!わーい(嬉しい顔)

酔っ払ってシェアハウスに戻ったパッカー夫婦は、さっさと寝ようと思っていた訳ですがオーストラリアのPUBでは日本の居酒屋のような「おつまみ」がでてきませんので軽い食事というよりもスナック菓子がメインなんです。だから小腹が空いてしまい夜食を作る為にキッチンへ・・・。

(なんだよトラブルまだか?と思った方は少々お待ち下さいませ)

 で、何を食べようかと考えたのですがミートパイがパッカー夫婦の流行なんでミーとパイをチョイス!!ウールワースのホームブランド商品のミートパイを冷凍庫からだしオーブンへ入れようとすると・・・(オーブンといってもパンとか焼くだけの小さいのでは無く外国の映画とかドラマに出て来るキッチンで七面鳥を調理するタイプです)

 何故かオーブンのガラス窓を留めている四隅のネジの一つが取れているではないですか???なのでパッカー夫婦は当然というかネジを取りつける事にしたんです。

 しかし、これが事の発端、トラブル&不幸への乗車切符だったんです・・・。(古臭っ!!)

 ネジを取り付ける際に、酔っ払ってたからか力の加減を間違えてしまいオーブンのガラス窓をパリンっと割ってしまったんです。
 
 「マジっ?どうしよう・・・がく〜(落胆した顔)」というのが率直な感想でしたが後々パッカー夫婦にとって超難題になろうとは知る由もありませんでした。

 とりあえず、ナナちゃんには報告し保険もあるしキチンと直すんで申し訳ないの旨を伝えたのですが、思い返せば・・・この時にナナちゃんが修理業者とかモロモロ手配しましょうか?と言ってくれた好意に素直に「宜しくお願いします。」と言っておけばよかった・・・そうすれば、保険会社へ電話連絡だけで済んだかも。そんな後悔の念が悔やまれますが今回のトラブルは追々ブログの中で実録ですから出てきますのでお楽しみに・・・。今回はこの辺でENDに致します。

 (しっかし保険ていうのはトラブルが起きたときに頼りになります。保険を掛けてなかったら今回のトラブルも威力倍増してた事でしょうf114.gif

 それでは次回も実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編ブログをお楽しみに!! 

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif

バックパッカーの皆さん、この病気に心当たりはないですか?

 この病気の新たな感染者数や発症者が2006年度は過去最高であるっていう記事を見たのですが、これって強烈なインパクトを受けたのはパッカー夫婦だけでしょうか???この病気への感染ってとっても恐ろしい事だと思いますし、絶対に我が身に降りかかって欲しくないと思います。(この病気とは、血液で感染したりするものですが記事をよんでると想像がつくはずです。)

 ただ、この病気の病名の言葉を見たり聞いたりすると頭をヨギルノハ、東南アジアをバッカパッカーな旅してる時に見てきた大勢の日本人の若者たち、それも好んでアジア人の女の子を求めてる子達・・・当時も、や病気が大丈夫なの?と心配でしたが数年たち献血や血液検査で陽性反応がでてる子達もいるかと思うと悲しくなっちゃいます。まあ、そういう事を言っても真剣に聞いてくれる子も少なかったですけどね・・・。

 ただ日本を含む世界中で、この病気は更なる加速度をつけて蔓延してるのでしょうから自己防衛というか十分に気をつけることが大事なんじゃないかと・・・あんまり甘くみてると数年後に罰が当りますからね。

 まあ、何が言いたいかといえば、この病気に関しては極力自力で感染を回避できるので自己責任で注意しましょうって事なのですが、それにも増して感染の疑いが少しでもある人は逆のパターンで自分が後天性免疫不全症候群のキャリアになって加害者になる場合もありますので勇気をだして検査に行きましょう!!(ここが大事!!なんせ先進国で増加してるのは日本だけらしいですから・・・)

 今日は、バックパッカーな旅をしてた時の心配事と、この記事がリンクしちゃった「つぶやき」でした。それでは次回をお楽しみに!!(バックパッカー経験者の人で心当たりある方は案外多くいるんじゃないのかな?)

・実録バックパッカー夫婦のオーストラリアワーキングホリデーは完全ノンフィクションでお送りしています・  overseas80_15.gif  人気ブログバナー.gif
実録バックパッカー夫婦のオーストラリアでワーキングホリデー編のTOPへ

ワーキングホリデー編・過去記事Pick up!!
ワーキングホリデー行くと決めたら情報収集するべし!!(予算にビザ申請や保険・資金etc)
ワーキングホリデーに行くと決めたら、まず最初に情報収集に全力投球しましょう!!それをしながら準備も並行にやれればベストですが優先的にはワーキングホリデーに関する情報収集が先決です。
 理由としては、いろいろな情報を得なければ始まらないことと、情報収集している間にワーホリに行こうという決心が固まってゆくからです。それと逆に冷静な視点で物事が考えられて一時の感情でワーホリすると決めた場合は我に帰ることができ自分にSTOPをかけることが出来て一石二鳥だからってのも・・・続きを読む


ワーキングホリデーに保険は必要ですか? A、ワーキングホリデーに保険は必要○○○す!!
ワーキングホリデーについてのカテゴリにも適した内容だし、この間ブログで語学学校のクラスメイトのホームステイ先に泥棒が入った事や保険の事を書いたんですけど、若干反響があったので丁度イイ機会だし、パッカー夫婦がワーホリに旅立つ前に保険に加入したワーホリ@保険へのリンク先を貼っておきます。(決してワーホリ@保険の回し者じゃあございません!!)でもね・・・保険料が随分上がってますね・・・そんだけトラブルに遭遇して保険を使う比率が高いのかな?そりゃ〜問題ですな・・・??? これが当時の保険の規約とか保険の案内が書いてある冊子と保険の申し込み用紙の控えです。右下の方に保険の掛け金がありますけど・・・安っ!!・・・続きを読む


ワーキングホリデー行くと決めたら英語の勉強をするべしっ!!(オーストラリアなんかの英語圏以外は現地語ね♪)
ワーキングホリデーについてのカテゴリの記事で行ってみたいと思います。このワーキングホリデーについてのカテゴリでは、今までも何回か書いていますが、今回はワーキングホリデーに行くと決めたら英語の勉強をするべし!!ってテーマっス!!  はぁ?みたいな反応する人をいるでしょうし様々かとは思いますが、結構大事なことだったりします。ちなみにパッカー夫婦(旦那)は、オーストラリアワーキングホリデー行く前に同様のHPを腐るほど読んだにも関わらず少ししか英語の勉強というか準備をしませんでした・・・。(じゃあ、偉そうに言うんじゃねぇ!!と言われそうですが・・・続きを読む
RDF Site Summary
RSS 2.0
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。